ポンテヴェキオ

指輪・結婚指輪のお手入れ・クリーニングガイド! プラチナの傷もキレイになる?

大切なブライダルリングも、いつしか汚れや傷に悩まされるときは来ます。リングの傷や汚れを最小限に、大切にするメンテナンス術、お教えします。

特別な思いを抱いて選んだブライダルリングは一生の宝物と言えるものですが、しかしながら、どうしても時が経つにつれて汚れや傷が目立つようになってしまうものです。長く、美しく保つためにも修理やメンテナンスをしながら大切に扱いたい。

そこで今回は、リングの汚れや傷を最小限に抑えるコツをご紹介します。

いつまでも美しい輝きを保つために。 指輪のクリーニングのコツとは?

ジュエリーの美しい輝きを保つための基本は、何よりも「身につけたら、拭く」ことです。

一番身近な汚れは汗です。ブライダルリングは身に着けている時間が長いので、汗や皮脂、化粧品などの汚れがついてしまうことは避けられません。お化粧の際や、お食事、温泉に入るときなど、ちょっとしたケアや心がけひとつでジュエリーへのダメージが少なくなり、持ちが違ってきます。

ダイヤモンドであれば、多少の汚れがついても輝きを蘇らせることができるのですが、例えば“真珠”の場合は、汗などの汚れに対してとてもデリケートで、拭くと拭かないとでは、差がはっきりと表れる宝石です。

受けたダメージは念入りに手入れをしても元に戻らなくなってしまうことがあります。さらに、水洗いには向かない宝石や、超音波洗浄機では割れてしまうことのある宝石もありますので、とにかく、まずは身に着けたら拭くお手入れでジュエリーの輝きを守りましょう。

ついてしまったプラチナの傷、キレイにするにはどうしたらいいの?

結婚指輪の素材として人気のプラチナは、金属の中でも柔らかい特性があるので、指輪を着け続けていれば、どうしても小さなキズがついてしまいます。

指輪に刻まれた傷のひとつひとつは、ふたりが結婚してから歩んできた人生の歴史が積み重なった“勲章”や“味”とも言えるものですが、細かな傷が気になってきたら、指輪の磨き直しをすることで、きれいな輝きを取り戻すことができます。

ただし、磨き直しには少し注意が必要です。というのは、その名の通り指輪の表面を薄く研磨して傷を削り取る方法であるため、あまり頻繁に行ってしまうとその度に地金が少しずつ薄くなってしまい、強度が損なわれることもあります。
どうしてもピカピカの状態で使いたいイベントがある時にだけ利用するのをおすすめします。

傷をつけずに、いつまでも美しい状態を保ちたいのであれば、家事や入浴時などは外しておいたほうが無難そうです。

ダイヤモンドのお手入れ

ダイヤモンドは油と馴染みやすいので、日々の生活の中で人の皮脂、化粧品や石鹸の油脂がつくことで石が曇って見えてしまったり、石を留めているツメの部分に汚れがたまることがあります。ダイヤモンドは硬く品質が変わらないものであるとは言え、毎日身につけるなら、月に1度のセルフクリーニング、特別なときに身につける人でも年に1度は専門店でクリーニングしてもらって、大切なダイヤモンドの煌きをいつまでも保ち続けましょう。

 

セルフクリーニングの方法

・ダイヤモンド表面の汚れ

ぬるま湯にとかした食器洗い用の中性洗剤か、ジュエリー用のクリーニング液にしばらく浸けて、子供用などのヘッドの小さい歯ブラシでやさしくこすり洗いしましょう。流水でよくすすいで、メガネ用のクロスなどで磨けば油脂が取れて輝きが蘇ります。

 

・ツメの汚れ
ツメの汚れは、柔らかい歯ブラシで落とすことができます。その際、使い古しのだと残っていた研磨剤でアームに傷をつけてしまう恐れもあるので、必ず新品のものを用意してください。

また、メガネ屋さんの店頭でもよく見かける超音波洗浄機でもキレイに落とすことができます。ただし、石が緩んでいる場合、そのまま超音波洗浄機にかけると、洗浄の細かな振動でかえって石が緩んでしまうことがあります。紛失の原因にもなるので、あらかじめチェックが必要です。気になる場合は、必ず専門店に持ち込みましょう。

 

注意点
洗面所で作業すると、排水口にリングを落としてしまう危険もあります。必ず洗面器やボウルを使うようにしましょう。

また、ダイヤモンドやプラチナを磨くときに、シルバー製品などに使われる「ジュエリークロス」で磨くのは避けてください。研磨剤入りのジュエリークロスは、石や地金を痛める恐れがあります

 

専門店でのクリーニングについて

指輪を購入したお店では、アフターサービスのひとつとしてクリーニングを行っていることがあります。これはどのブランドでも受けられるサービスであることが多く、店頭で気軽にお願いできます。

クリーニングの料金については、無料のサービスのお店がほとんどですが、傷やセッティングの状態、ゆがみなど指輪のコンディションによっては、お直しや修理が必要になるケースも考えられます。

ブランドやお店によって受けられるサービスが異なるので、あらかじめ無料、有料の回数や期限などチェックしてください。

大切な指輪の正しい保管方法を教えて。

ジュエリーは保管の状態が悪いと、その美しさを保つことができません。

まず重要なことは、ジュエリー同士がぶつからないようにジュエリーケースにしまうこと

宝石はそれぞれ硬さが異なるため、例えばダイヤモンドと真珠を無造作に一緒にしまうと真珠はキズついてしまう可能性があります。

さらに、最も硬い宝石と言われるダイヤモンドでさえ、ダイヤモンド同士でぶつかりあえば傷がついてしまいます。指輪を購入した時の専用ケースやお好みのジュエリーボックス、携帯の際にも、専用のポーチやケースなどを活用して、不要な傷を防ぎましょう。

また、宝石や指輪の素材によっては、熱や紫外線の影響で色が変わってしまったり、宝石の質が劣化することもあるため、日光の当る場所や湿度の高い場所、防虫剤が入っている場所には置かず、通気性のいい場所に置くことが良いとされています。

ゴールドは長期間無造作にタンスに入れておくと防虫剤などに使われているナフタリンに反応し、変色してしまうことがあります。シルバーは酸化しやすい特性があるので長く使わないときはラップに包んで、空気を遮断した状態で保管するのが効果的など、宝石や素材それぞれの特性によって注意したポイントも異なるので、購入する際にきちんと確認しておくことが重要です。

婚約指輪や結婚指輪は一生の宝物です。日頃からケアをきちんとして、新婚の時の気持ちのままでいられるよう、いつまでもピカピカにしておきましょう。

婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪(エンゲージリング)は新たなふたりの門出への祝福。あなただけの運命のリングがここに婚約指輪シリーズ一覧

結婚指輪(マリッジリング)

ふたりで選ぶ誓いのリングは、未来へと紡ぐ幸せへのプレリュード。理想の結婚指輪(マリッジリング)を探して結婚指輪シリーズ一覧

レイヤード特集

LAYERED STYLE

ふたつが出会った時に、さらなる美しさを開花させるブライダルリング

ブライダル商品のご相談は、お近くの店舗へ

NEWS & CAMPAIGNブライダルフェア開催

9月1日(金)〜10月29日(日)までポンテヴェキオ全店にて期間限定のサービスやプレゼントをご用意したブライダルフェア開催

BRIDAL CONTENTS幸せのブライダルリング選び

あなたらしい運命のリングに出会うためのサービスをご紹介。夢を叶えるのはバリエーション豊かなデザインやマテリアル

COLLECTION CONTENSブライダルカタログ2015

最新のポンテヴェキオ・ブライダルの世界をご覧いただけます。ダウンロードはこちらから

Ponte Vecchio(ポンテヴェキオ)の購入前に知っておきたい結婚指輪・婚約指輪の豆知識

ページ先頭へ戻る
スクロール